低血糖症(ていけっとうしょう) 原因 症状(しぐさ) 治療方法

気になるしぐさ 犬のページ

しぐさで探るペットの病気
犬・猫の気になるしぐさ(症状)から病気を探る
ダックスっぽいminiわんこ5333ちっちゃいHouse1
ペットブームなんて言われています。ストレス社会に癒しが欲しいということで飼われる方々も多いことでしょう。お互いの言葉が通じないが故のもどかしさはありますが、無償の愛情で接してきてくれるペット達。本当にかわいいとしか言いようがないです。と言っても時にはお互い、虫の居所が悪くケンカをすることもありますが・・・。犬や猫は人の約6倍もの速さで成長していくと言われます。そのため「病気」、「死」を避けて通ることはできません。ペットを飼う以上は最後まで面倒を見るのは言うまでもない事。最近は犬や猫も人と同様の病気にかかることが多くなってきています。ペットブームが故に新たな医療技術の要望も高まりCT・人工透析・MRIなどを導入する施設も増えています。私は職業柄、人の薬もですが動物薬を扱うことも多く、今回このようなサイトを作成いたしました。ペットは症状を訴えられません。また、症状がない病気もあります。現在は、数多くの予防薬も出来てきています。ペットと楽しく人生を過ごすためにも飼い主の皆さんには出来るだけ予防についても感心を深めてもらいたいと思います。尚、このサイトで紹介しているしぐさ(症状)や病名はペットに起こる病気のすべてではありません。代表的なしぐさを紹介いたしております。気になる症状がある場合は出来るだけ早く診察を受けるようにしましょう。
mini足型6気になるしぐさ 犬のページ92
スポンサーリンク



mini足型6特徴的なしぐさ


歩き方がおかしい 

ふらつく 

老犬



mini足型6病名

低血糖症(ていけっとうしょう)



mini足型6原因・症状

低血糖症とは、血液中の糖分濃度が著しく低下して、体内でエネルギーが作られない状態を言います。主な原因としては、子犬の場合は離乳後の環境変化によるストレス、体の冷え、飢え、消化の異常などによって起こります。

成犬や老犬の場合は、血糖値を制御するインスリンが過剰に分泌されることで起こります。一時的に空腹時や運動による糖分の不足で起こることもあります。



mini足型6治療・対処方法

ブドウ糖の注射などで改善されます。家庭でも食事の栄養バランスを考慮する必要があります。



スポンサーリンク




mini足型6感染症


mini足型6寄生虫


mini足型6心臓の病気


mini足型6血液の病気


mini足型6呼吸器の病気


mini足型6消化器の病気


mini足型6泌尿器の病気


mini足型6生殖器の病気


mini足型6脳と神経の病気


mini足型6内分泌の病気


mini足型6骨と関節の病気


mini足型6皮膚の病気


mini足型6目の病気


mini足型6耳の病気



mini足型6歯と口腔の病気




Copyright(c) TOP プライバシーポリシー